数理手法VI
Mathematical Method VI

数理手法VI
Mathematical Method VI
時間とともに変化する不確実な現象を記述し理解するには、確率過程論が道具として用いられる。この講義では数理手法IVに続き、連続な確率過程の理論について講義を行う。